隔て板の破損事例:隔て板(バルコニー)

こちらはバルコニー内の各戸を仕切る隔て板が、台風などの強風で破損した事例です。

 

 

避難の際に破りやすく設計されているため、うっかりぶつかって割れてしまったり、今回のような強風で割れてしまったりする場合があります。

 

一方で、どう対処するべきかわからず、割れたままになってしまっているというケースもあるかと思います。

 

割ってしまった場合は交換するしか対処方法がありませんが、緊急時の避難経路確保のためにも隔て板の周辺には物を置かず、ゆったりとした空間にしておくことが使用上のポイントになります。

 

また、ビスの緩みやボードのぐらつきがある場合、強風で破損する可能性が高くなるので、早めの点検をおすすめいたします。

 

隔て板のチェックポイント:ボードのぐらつき、ビスの緩み、隔て板周辺の整理整頓