断熱って大事なの?

最近、マンションの大規模修繕を検討され始めた方は、「断熱」という言葉をよく耳にするかもしれません。とくに「外断熱」で大規模改修をしたマンションが本や雑誌にのり、興味をもたれた方も多いでしょう。

今回は、そもそも「断熱」とは何か?なぜ大事なのかをご紹介いたします。

「断熱」とは、「外部との熱の出入りをさえぎること」です。建物であれば、冬の寒さや夏の暑さが室内に入ってくるのを防ぎ、室内の熱を出ていかないようにすることです。

では、どうすれば断熱することができるのでしょうか。

その方法の一つは、熱が空気を伝わって移動するのを防ぐことです。たとえば外壁や室内壁に断熱材を施す、窓ガラスを真空にするといった方法があります。

真空ガラスは、熱が移動するための空気がないため、とうぜん熱が移動しません。また、断熱材はその中にたくさんの小さな空気がギュッと押し込まれていて、空気の移動が起きにくくなっています。

でも、「断熱」って必要なの?

確かに、昔ながらの日本の木造住宅は風通しが良く、襖や障子を開けて生活をしていました。しかし、人口が密集しコンクリート造の建物も増えた現代では、そのような生活スタイルは難しいかもしれません。統計データによれば冬場の死亡者数が最も多く、その主な原因はヒートショックだと言われています。

今年の夏のニュースでは、マンションの中で夜中に熱中症になる方が増えたという報道も耳に新しいです。

日々の健康のため、そしてこれから建物の断熱性能が低かったために不幸にならないためにも、「断熱」が大切になってきています。