賃貸VS購入~終わり無き住宅問題~

皆さん、家、持ってますか?

秋田県出身・東京に賃貸住まいの「こまち」です。

 

人は何故、高いお金を払い、わざわざローンを組んでまで家を買うのか。

別に実家があるならそこで暮らせるし、賃貸でも雨風にさらされる事はありません。

よくある購入理由は、結婚するから、子供ができたから、家が狭くなったから、単身赴任が終わったから…など。

でもこれ、別に持ち家でなくても構わないですよね?

 

じゃあ、家賃を払い続けるのが嫌だから、ですか?

…それ、ちょっと待って!!

賃貸よりも買った方が、本当にお得かどうか、シミュレーションしてみましょうか。

 

■賃貸の場合

・マンション家賃7万円=年間84万円=50年住んだ場合=43,750,000円

※契約更新を2年毎に1カ月分の場合

 

■持ち家の場合

・3000万円のマンションを2500万円のローンを組んで購入=31,332,616円(金利含)

※35年支払い、固定金利1.34%の場合

 

…賃貸の方が1240万円も高いじゃん!!…って、ならないんだなー、これが。

そもそも頭金の額500万円を加算してみましょう。その差額、740万円。

 

…740万円、大きいじゃん!!…って、ならないんだなー。これが。

持ち家の場合、固定資産税が掛かるんですよ。計算式が複雑なのでここで詳細は書きませんが、年額10万だとしても、50年住めば500万円。

 

…まだ240万買った方が安いじゃん!…って思うでしょ?

でもね、建物って劣化するんですよ。直す費用を修繕費っていうんですけどね。賃貸だとココはオーナーが出すものですが、持ち家はそうはいきませんよね。

でもマンションは積立修繕費があるから安心!

 

…なワケないじゃん!!!

国土交通省が定めている理想的な修繕積立金は、毎月206円/m2。

広さ50m2のマンションの場合、毎月12,360円ですよ?

修繕積立金が安いところもあります。その場合、後々になって値上がりする場合がほとんどです。

だって月額費用の安い方が、購入されやすいでしょ?「毎月のお家賃と同じくらいの返済額ですよー」って云われた経験、ありませんか?

 

ちなみに、新築から50年住んだ場合、1戸当たりの修繕平均額はだいたい740万円以上。

買った方が500万オーバーでフィニッシュです。

 

さらに、賃貸は住人や環境が嫌なら40万円もあれば引っ越せますが、

買ってしまっていたら…?ゾッとしますね。

 

それでも人は何故、わざわざ高いお金を払い、ローンを組んでまで家を買うのか!?

実際に購入してみれば、気持ちが分かりますかね?

次回、「賃貸派がマンション購入を検討する」

へばな!