外断熱工法の種類

外断熱工法には主に、乾式通気層工法と湿式密着工法の二種類があります。

乾式通気層工法とは?

乾式通気層工法は、断熱材を金物等で機械的に固定し通気胴縁を設けるため、外壁材にタイルや金属パネルを使用することができます。

断熱材:グラウスール(熱伝導率0.038w/m・k)、フェノールフォーム(熱伝導率0.019w/m・k)

透湿性:通気層を持つ仕様のため、通気・透湿性は非常に高い。

耐久性:外装仕上材の種類を自由に選べるため、高い耐久性を実現できる。

防水性:外装材の種類を自由に選べるため、高い耐久性を実現できる。

施工性:躯体の不陸調整が容易で、仕上げに個人差が出にくい。

トータルコスト:外装材によりイニシャルコストが変わる。外装材によってはメンテナンスフリーになる。

 

湿式密着工法とは?

湿式密着工法は断熱材を接着張りし、断熱材表面をガラス繊維メッシュで覆ったのち、左官材にて仕上を行います。外壁材は透湿性のある左官材に限られます。

断熱材:ビーズ法ポリスチレンフォーム(熱伝導率0.04w/m・k)

透湿性:透湿性の素材を使用しているため、内部水蒸気を放出する。

耐久性:通常の吹き付け材に比べ耐久性は高い。

防水性:グラスファイバーメッシュを伏せこんでいるため、仕上げ層にひび割れが生じず防水維持できる。

施工性:左官工事を取り扱っていれば施工可能。凸凹に対応しやすい。

トータルコスト:イニシャルコストは比較的安い。メンテナンスコストは継続的にかかる。