賃貸VS購入~とある不動産屋Aの特徴~

どうも、こまちです。

 

皆さん、不動産を購入するとき、不動産屋にどんな事を望みますか?

安くて良い物件を紹介して欲しい、豊富な取り扱い物件数から選びたい、丁寧な対応をする会社にお願いしたい…色々ありますよね。

 

私がAマンションの紹介をしていただいた、不動産屋A。

名前を聞けば、「あぁ、そこね!」ってなるくらいの大手不動産です。

第4回「私は資産価値が聞きたいの」に書きましたが、受付嬢は塩対応(笑)。

そこはさておき、大事なのは営業さんですよね?ここで担当してくれた営業Aさん。

 

少し雑談をしましたが、お名刺には「主任」と書いてあり、入社8年目とのこと。

質問に対して聞かれた事だけ答えてくれる、そんな営業さんでした。

肝心の返答内容についてもあまり明確ではなく、中でも印象的だったのは

「Q.築30年超マンションにあと何年住める?」という質問について、

「35年は住めるんじゃないですか?」という返答だった時。

理由は、「銀行が35年ローンを組みますから。購入する方も、そのくらいは住めると思ってるでしょうし。」とのこと。

 

事前に希望物件を伝え、連絡して来店予約をとったのにも関わらず、店舗で5分程話したら内見は後日「現地集合・解散」という事に。

これ私、絶対に「冷やかしだ」と思われているんですね!と感じました。

 

まぁここは少し、営業さんの立場になってみましょうよ?

お客といっても千差万別です。現地集合の当日、キャンセルする人も、中には連絡1本くれないですっぽかす人もいると思うんですよ。そんなリスクを少なくするには、まずは来店をしてもらった方が良くないですか?

しかも現地集合→解散とかだと、その日に決定せずに現地で逃してしまうことが多い気がするんです。そりゃ、契約書の類は持参していっているかとは思いますが、いきなりその場で「購入します!サインしましょう!」とか、なりますかね?余程の優良物件ですよね。現実は洋服や使いかけの洗剤が転がる、生活感満載のとても散らかったお部屋を現状渡しだったワケですが。

とりあえず一度お店に戻って、どうだったのかとか、ヒアリングとかしませんか?

 

確かに、駅から実際に歩いてみて通勤経路を体感したいとかいう人なら、現地集合が良いでしょう。ですが、本気でその駅チカ物件を購入したい人なら、自分で一回位歩きませんか?おそらくどんなに忙しい人でも、歩くのではありませんか?だって何千万の買い物なんですよ??

 

とまぁ、以上の理由により現代の正規雇用女性・平均年収を地で行く私には、売れる物件は無いと思われたのだろうな、という感じがひしひしと伝わってくる、営業Aさんなのでした。

 

とか云って、本当の理由は「貧乏が身体から滲みでていたから」だったらどうしようかと思う、今日この頃です。

 

受付嬢が塩対応なら、営業さんも塩辛かった。これは不動産Aの会社カラーなのか、営業担当の人間性なのか。1件目ということもあり比較対象もいなかったため、今回は「なんだかあんまり購入者には寄り添ってくれなかったな」という印象が残っただけなのが正直なところでしょうか。

 

では次は、B不動産屋の営業Bさんについて語ってみます。

 

次回、「第二回・不動産の営業、その本質とはなんぞや。」

 

へばな!