断熱材の種類

こんにちは。外断熱アドバイザー やすです。

マンションの改修は外断熱が最適です。
現在新築で主流とされる内断熱と違い、改修での断熱化は外断熱工法を採用することで、多くのメリットがあるんです。
今回は、その外断熱に使用される断熱材の種類についてのご紹介です。

 

断熱材の種類には主に、鉱物繊維系、プラスチック系、自然系の断熱材があります。断熱材は断熱性能、コスト、耐火性能等を比較しながら、建物用途や施工部位に合わせた選択を行っていくことが重要です。

鉱物繊維系断熱材

グラスウール=珪砂、石灰石、苦灰石、長石、ソーダ灰等の原料を溶かし、繊維状にしたものに接着剤を吹付、加熱成形した材料です。マット、ボード、バラ綿の形状があり、RC造外断熱工法では、撥水材を混ぜた撥水ボードを使用します。

 

ロックウール=玄武岩または鉄鋼スラグを原料とし、ケイ酸と酸化カルシウムを主成分とした鉱物を溶かし、繊維状、綿状にしたものです。

プラスチック系断熱材

ビーズ法ポリスチレンフォーム=ポリスチレン樹脂に発泡剤や難燃剤を加え、蒸気により発泡成形した断熱材です。一般的に発泡スチロールとして、梱包材等でも使用されております。現場加工も容易で、強度が強いため、湿式外断熱に活用されます。

ビーズ法ポリスチレンフォーム

押出法ポリスチレンフォーム=ポリスチレン樹脂に発泡剤や難燃剤を加え、発泡させながら押出成形した断熱材です。硬質で耐圧力があり、屋上断熱等多様な部位で使われています。

押出法ポリチレンフォーム

 

フェノールフォーム=フェノール樹脂を原料とし、発泡剤、硬化剤を加え板状に成形した断熱材です。断熱性能が最も高く、炎にあてても表面が炭化するだけで防火性にも優れています。乾式外断熱工法で使用されます。

 

断熱材の種類は様々です。
外断熱ではその工法や価格だけでなく、断熱材の性能によってその後の暮らしや安全性も大きく変わってきます。
慎重に検討することが重要です。

 

————————————————————————————–

外断熱アドバイザーとは

国内唯一の外断熱専門団体「NPO法人日本外断熱協会」の認定資格。
現在国内の有資格者は36名。

技術のアドバイス、普及活動の知識があると認められる「技術アドバイザー」と外断熱建築の住環境・省エネとの関わりなどその他の知識が豊富でありセミナーなども実施する知識があると認められる「マネージメントアドバイザー」の2種があります。

当記者「外断熱アドバイザー やす」は技術アドバイザーとマネージメントアドバイザーの両方を取得しています。

安心してご相談ください。