外壁改修・塗装工事修繕周期 12年

外壁改修・塗装工事

外壁は雨・風・日光などの影響を直接受けるので屋上と並んで劣化の早い箇所ですので、定期的な調査や診断が欠かせません。
外壁が劣化してくると見た目に良くないだけでなく、雨漏りやタイルやコンクリート破片剥落などの原因にもなります。第三者に危害や損害を加えてしまった場合、建物の持主は管理責任を問われます。
壁の劣化状態を診断して、高圧樹脂注入・クラック補修・吹き付け塗装など、必要な補修を行うことで、建物の安全性と資産価値を保ちます。

事例紹介

外装(塗装)