髙橋浩二プロフィール

コンサルティング型メーカー改修へ

代表取締役 髙橋社長

代表取締役 髙橋社長

危機管理・中国事業からの撤退などを専門領域としてマネジメントへのアドバイス、交渉の代行などを行ってきました。この経験をベースにマンション管理組合の在り方を観てみると、企業経営とよく似ています。通常管理組合の役割を大きな金額が動くマンション改修時を重要視しますが、本当に重要なことは相隣関係を含めた日常的住環境の健全性です。日頃からマンションの区分所有者の方々の間に相互信頼に基づくマンション管理に関する積極的な関与があれば、より短い時間と費用で心地よい住環境を維持・改善する物理的改修が可能となります。
当社はマンション管理の原点である区分所有者間の合意形成活動をサポートしていきます。大規模改修における合意形成は組合員の要望を集め、多数決で結論を急ぐことではありません。物の見方や意見の違いを経済的合理性という物差しを使って一つずつ納得してもらい、最善の改修案を作り上げていくプロセスです。

当社では修繕積立金は十分ではない、他方将来に過大な資金負担を残すことを回避することを前提にしています。他方において改修品質を維持・向上を図かりつつ総コストをできる限り抑制したプロダクツを提供することが役割と考えています。その実現のため区分所有者・お住まいになっている方々に少々ご不便をかけるようなご協力提案もあえて行います。『すべては区分所有者の最終的利益をため』を実現するための合意形成プロセスの品質こそがコンサルティング型メーカー改修の生命線です。当社はこの合意プロセスを踏まえて皆様に満足いただける品質と費用の両立を提供することにコミットしていきます。

学歴

  • 76年 国立福井工業高等専門学校3年修了(中退)
  • 80年 慶應義塾大学商学部卒業
  • 12年 中央大学法学部(通信教育課程)卒業

略歴

80年
株式会社北海道拓殖銀行入行。
人事部、香港支店、香港現地法人、東京営業部等を経て、経営破綻後頭取特命事項担当。
88年から95年、香港証券現地法人で香港地場企業・インドネシア・フィリピン華僑向けシンジケートローンの組成、新株発行引受に従事。
97年
同行経営破たんにより頭取特命事項担当。道内企業連鎖破たん回避、主要株主に対する株主総会同意取り付けに従事。
98年
雪印乳業入社。
国際部、医薬品部、経営企画室に勤務。経営企画室在籍中に食品事故対応プロジェクトを担当
タイ合弁会社の合意清算、大阪での食品中毒事件およびその後の再建計画企画・外部交渉に従事。
00年
株式会社ピー・アンド・ヴァック(P&VAC社:経営コンサル)設立。
代表取締役に就任。真に役に立つアドバイザーたることを存在意義として『実践力重視』を基本方針する。
07年
株式会社Office T(経営・事業コンサル会社)設立、代表取締役に就任(現任)。P&VAC社退社。
さらなる『実践力アップ』のために事業領域の絞り込みとスタッフの再編成を行うべく会社を分離。
13年
株式会社ツヅキ代表取締役に就任(現任)
17年
株式会社Danto Tile(総合タイルメーカー)代表取締役に就任(現任)
18年
ダントーホールディングス株式会社(東証1部上場)取締役に就任(現任)

資格

  • 日本生産性本部認定経営コンサルタント(1987年取得)
  • マンション管理士、宅建士、管理業務主任者、2級ファイナンシャル・プランニング技能士

お見積りのみご希望、大歓迎です!

お問い合わせはこちら

修繕積立金診断シミュレーション
手すり改修見積もりシミュレーション
住まいと暮らしのキレイをお手伝い 環境生活
お役立ち情報WEBマガジン @mansion マンション関連Webマガジン