厄介な管理組合の運営 成功例からみる対処法…基本的にビジネスと同じ

厄介な管理組合の運営 成功例からみる対処法…基本的にビジネスと同じ(ZAKZAK by 夕刊フジ2017年1月21日)

分譲マンションには、必ず管理組合がある。これは区分所有法によって自動的に組成されるものだ。管理組合の組合員は区分所有者全員。組合員の中から理事が選ばれ、その理事の中から理事長を決めることになっている。
 管理組合の仕事は、そのマンションにおける共有部分の「管理」である。つまりは、区分所有者が専有する部分以外のすべてが管理の対象となる。

———————————————————————————

国土交通省のデータによると、国内には630万戸のマンションストックがあると言われています。
それぞれのマンションには、それぞれのマンション管理組合があり、成功しているところ、問題をたくさん抱えているところ様々です。
マンション管理の成功の秘訣は管理会社の選び方と思われがちですが、本質はやはり管理組合自身であり、理事長によるところは大きいです。