マンションの「外観」はどの程度重視すべき?

マンションの「外観」はどの程度重視すべき?(エキサイトニュース2017年1月21日)

中古マンションのリノベーション物件を区分で購入する場合、室内は当然新しくキレイになっていますが、建物の外観は基本的にそのままです。部屋はキレイでも、外観が古臭かったら入居者から敬遠されるかもしれません。

———————————————————————————

マンションを投資価値の観点から書かれた記事です。
所有マンションを「住まい」ではなく、「資産」としてとらえた場合、その価値を決めるのは様々な要素があります。

「立地」や「築年数」はどうしようもないものですが、「内装」はリノベーションにより大きく改善します。
ただ、外観は個々の区分所有者ではどうすることもできず、管理組合全員で長期的な計画によりすすめていくしかありません。
管理会社任せのマンションも多いですが、管理会社はあくまで他人。「自分の資産は自分で守る」という考えをいかに共有できるかが重要なのではないでしょうか。