賃貸VS購入~色々と調べてみた~

賃貸派優勢、この状況を一発逆転したい購入派、「資産」部分に注目。

資産価値は管理状況による、というふんわりした結果を聞き、納得できなかったので不動産のプロに話を聞きに行くことに。

 

事前に調べていると、マンションには居住者から構成される「管理組合」というものがあり、その中に物件の管理・価値の鍵を握る「長期修繕計画」と「総会議事録」なるものがあることが分かりました。

 

・管理組合とは…法律上、分譲マンションの購入者は全員が強制的に組合員となる。購入した専用部分(部屋とか風呂とかトイレとか)以外である、ベランダ・玄関・エントランス・共用廊下・エレベーター・建物の配管部分など、共用部分の維持管理をするため構成される。管理組合や建物そのものを運用する上での法律にあたる「管理規約」を定めることができる。

 

・長期修繕計画とは…マンションの資産価値を維持し、建物の劣化を防止するために管理組合が作成する修繕計画のこと。約12年間隔で各部分の大規模な修繕が行われる。マンションの住人である管理組合が行う重要な仕事の一つである。

 

・総会議事録とは…管理組合で開かれる「最高議決機関=総会(集会)」の会議や打ち合わせの内容、経過や結論などを記録し、それを伝えるための文書。これを見ることにより、修繕の為に必要な積立金の残高や、毎月の管理費について何に使われているかが一目でわかる優れモノ。

 

つまり、これらを知ることにより、そのマンションが「しっかりと管理されているマンション」かどうか分かる、ということですね。

 

そこで、不動産屋さんに下記をぶつけてみる事に。

・築30年超マンションにあと何年住める?

・50年後そのマンションはどうする?

・長期修繕計画を閲覧は可能?

・総会議事録の閲覧は可能?

・物件を購入したいというのはどういう層?

・購入予定者の目的は?永住?転売?

・リノベーション済みの割合は?

 

早速、メールでアポイントをとった後、大手不動産販売A店へ。

受付女性の対応が悲しい位によろしくない…

見た目が貧乏そうだからか…?そうなのか…?

 

とクヨクヨしながら、しばらく待っていると、担当の営業さんが来てくれた訳です。

 

次回、「賃貸VS購入~私は資産価値が聞きたいの~」

 

へばな!