賃貸VS購入~管理費ってこういうものなのさ~

どうも。TotoBIG当選の反響が思ったより多くて困惑気味の、こまちです。…540円だよ??

 

前回、修繕積立金の適正金額のお話をさせて頂きましたが、今回はもう一つの月額費用、「管理費」について書こうと思っております。

 

そもそも、管理費ってなんなのか。修繕費が修繕工事等、何年に1回使用されるものだとすれば、管理費は共用部分の清掃や管理人さんの賃金など、毎日のことに使用されるものだと考えてください。

 

修繕積立金の場合、大規模修繕時にドカンとお支払する為ある程度の額をお支払することは書きました。では、管理費はどうなのか。

…毎日の事に使用するのですから、そりゃそれなりに掛かりますよ?

Aマンションを例にして、考えてみましょうか。

 

・Aマンションの管理費…25500円/月

 

…いやいや、高くね?

何か特別な共用施設がある訳でもないのに。

国交省の調査によれば管理費の全国相場は1㎡あたり約145円です。

Aマンションは71㎡だから、月額は10295円が大体の適正価格です。多少の違いはあれ、2倍以上って…!

 

これ、何に使っているのか気になりませんか?

単刀直入に云いますね。結構な割合で管理会社に支払っていると思います。

管理人さんを雇っている場合、その人件費。共用部分の掃除を外部にお願いしているなら、その費用とか。あとは皆で使う設備維持費、各種保険料などですが、やっぱり管理会社に払っているお金が大半です。つまり、管理会社に委託しないで自分たちで管理する、「自主管理」にしてしまえばココはグッと費用を抑えられます。

 

注意するポイントとして「安ければ良い」、というわけではないんですよ?それだけ質は落ちますし、なにより住人が高齢になればなる程、あれこれ動くのは難しくなっていきますから。

ただ、管理費を抑えることができますし、何より自分達が住んでいる場所ですから、自分達できちんと守っていくのも大事なことですよねっていう話。

 

もし、管理費を管理会社に多く払うことに対してデメリットしか感じないその時は、一度見直してみることも大切なんだぜ!ということ。

 

…さて、これらの事を踏まえ、いよいよAマンションを資産価値的に見てみます。

 

次回、「Aマンションの資産価値」

 

へばな!